本部の目的

「Noble Stubbornness」精神のもと、弓道の最高目的である「真善美」の追究を通じて、「Mastery for Service」を体現する人間に成長することを目的とする

関西学院には、誰もが知っている「Mastery for Service」という言葉があります。この言葉は、キリスト教精神を持つ関西学院の長い歴史の中で第四代院長をつとめた C・J・L・ベーツ宣教師が学生達に与えた言葉であり、スクールモットーとして、関西学院に深く浸透しています。

 

では、この「Mastery for Service」という言葉にはどういった意味が込められているのでしょうか。

 

この言葉は、「奉仕のための練達」と日本語に訳されていますが、ここでの奉仕とは、私達が今生きている社会に対して向けられたものであり、練達とはそれらに対して貢献できる力を自ら鍛えることを意味します。そして、この言葉は、こういった行為の大切さを最も適切に表現しているといえます。一言で言えば、「人々に奉仕できる、社会に役立つ知識と人間性を、自らの主体性を持って磨き上げよ!」ということなのです。


“NOBLE STUBBORNNESS" はもともと1920年に生まれた硬式庭球部の標語です。

 

“stubborn" という言葉には、「頑固な」「強情な」という軽蔑的な意味と、「断固とした」「不屈の」「手ごわい」などの良い意味があり、ノーブル・スタボネスの標語は「高貴な粘り」「品位ある不屈の精神」「高尚なるねばり強さ」「気品の高い根性」などと訳されながら関西学院大学体育会全体のモットーとなりました。


チーム2020

『全員で魅せる』

 ◇日本一(王座・選抜・インカレ・コミュニケーション・全力)

 ◇存在意義(上半期テーマ)


部の概要

創 部 1917年(大正6年)
部 長  難波功士  関西学院大学 社会学部教授 社会学部長
監 督 西村 哲  昭和60年卒
コーチ 大西康彦  平成元年卒
コーチ 岩佐剛伸  平成23年卒
女子コーチ 堀 優花  令和元年卒
弓道場 〒662-8501兵庫県西宮市上ケ原一番地1-155
所 属  関西学生弓道連盟 兵庫県弓道連盟

部員名簿

部員数32名 (男子20名 女子12名)      ※2020年7月12日現在

【4年】

平山健一 主将・男子主将 人間福祉 山口県立柳井高校 弐段
高谷果歩 女子主将 教育 奈良県立奈良北高校 四段 
古田浩嗣 主務 静岡県浜松市立高校 弐段
沼野紗月 主務・女子主将 経済 兵庫県啓明学院高校 弐段
川原田圭司郎 男子副将 社会 福岡県立武蔵台高校 参段
古澤建 男子副将 経済 兵庫県甲南高校 弐段
大久保貴博 幹事・庶務 経済 兵庫県立川西北陵高校 弐段
後藤拓志 幹事 教育 兵庫県立御影高校 初段
小西翔太 会計 国際 米国加州サウストーランス高校 弐段
中拓己 広報 人間福祉 和歌山県立串本古座高校 初段
染田隆道 体育会学生本部長     奈良県立西の京高校 弐段

【3年】

森口友博 幹部補佐・新人監督 大阪府浪速高校 弐段
河本諒平 幹部補佐・関西学連 兵庫県明石北高校
山本蒼 副将・兵庫学連委員長 社会 広島県立呉宮原高校 初段
渡邊竜之介 学連 教育 静岡県立掛川東高校 弐段
葛城実由 幹部補佐・新人監督 人間福祉 京都府京都外大西高校 初段
林野乃花 幹部補佐・広報 理工 北海道札幌第一高校 初段
松林凜 副務 和歌山県立日高高校 弐段
高田彩帆 幹事補佐 大阪府上宮高校 弐段
大原萌 会計補佐 社会 兵庫県関西学院高等部 初段

【2年】

 

小西亮汰   総務         経済 兵庫県六甲学院高校
福井瑞基 総務 国際 兵庫県報徳学園高校 弐段
廣田宥斗 広報 教育 奈良県立平城高校 弐段
坂本健介   福岡県福岡大学付属大濠高校 弐段
山内翔斗   静岡県立島田商業高校 弐段
吉野裕賀 総務 社会 兵庫県甲南女子高校 弐段

【1年】

 

甲斐滉基                    経済 福岡県九州産業大学付属九州産業高校 初段
松下誠命   静岡県掛川東高校 弐段
中村玲那   和歌山県立日高高校 弐段
新田栞   社会 石川県星稜高校 初段
松浦由奈   静岡県立島田商業高校 弐段
吉永美海   人間福祉 山口県立柳井高校 初段

全体練習

授業のある平日は17時10分開始、20時終了。土・日・祝日・学校休暇中は9時30分開始。
原則として週1日の休暇をとる。夏期休暇、冬期休暇あり。

基本的に試験期間中、及び試験開始10日前からは全体練習を行わない。


年間基本スケジュール

4月 ・関西学生新人戦(ブロック予選・ブロック決勝戦・3ブロック決勝戦)
   
5月

・関関同立選手権大会

・関西学生記録会(男子100射、女子40射)

・甲南大学定期戦

・兵庫県民体育大会

・兵庫県学生弓道選手権大会

・関西学生弓道選手権大会

・新入生歓迎懇親会

 

 

6月

・総合関関戦(新人、女子、男子、同窓)

・近畿大学定期戦

・昇段審査

・同志社大学定期戦

・全日本大学選抜大会(明治神宮)

 

 

7月

・全日本学生弓道選手権大会個人予選

・前期試験準備期間

・前期試験

 

 

8月

・立教大学定期戦

・全日本学生弓道選手権大会(近的、遠的)

・早稲田大学定期戦

・慶應義塾大学定期戦

・夏合宿

 

 

9月

・立命館大学定期戦

・関西学生リーグ戦

 

 

10月 ・関西学生リーグ戦
 

 

11月

・全日本学生弓道王座決定戦(伊勢神宮)

・昇段審査

 

 

12月

・納射会

・大掃除

 

 

1月

・後期試験準備期間

・三十三間堂大的全国大会

・後期試験

 

 

2月

・新年度練習開始

・田村麻呂杯

・大学対抗懇親射会

・追出し射会 追出し懇親会

 

 

3月

・春合宿

・4私大新人リーグ戦

・関西学生新人戦(ブロック予選)